◆阪神6-11広島(15日・京セラドーム大阪)

◆阪神6-11広島(15日・京セラドーム大阪) 阪神は先発の小野が11度目の先発も初勝利はならず、3回途中で5失点KOの開幕7連敗。チームは自力優勝の可能性が再び消滅した。金本監督は、打率2割5分を割り込み3打席で交代させた高山に対して、自分で壁を乗り越えることを求めた。

若手選手を優先起用しても調子が長続きしないから取っ替えになってしまう。小野投手は下位のチームに当てて勝ちを付けないと、このままでは潰してしまいかねない。
高山はまた守備でもミスしとったなぁ縦のフライとかライナーの遠近感わからんのんかなまだ二年目やからあんまり言いたないけどちょっと酷すぎる打つほうものでもかんでも手出して甘い球は一発でと仕留められへんし困ったもんや
小野投手の今日の出来は最悪だった。開幕から期待し続けているが、打線とのかみ合わせも悪く勝ち運のなさすぎる投手と言わざるを得ない。彼のポテンシャルなら、下位チームに勝って自信をつけるより、強いチームに自力で投げ勝ってほしいと願う。ただ、今日のようなおっかなびっくりで逃げ腰のピッチングしかできないなら、それまでの投手ってこと。首脳陣、先輩のアドバイスももちろん必要だが、自力で突破口を開かなきゃ、この先プロでやっていくための力や自身は得られない。全く気力の感じられないプレーばかりしてる高山!お前もだ!!!もっとひたむきで懸命なプレーに徹しなさい!!!